--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[EDIT] [TOP]

2008.09.10 *Wed

ある晴れた日の日前家本宅廊下

お掃除中だったお手伝いさんが通りかかったときに、
子供を抱えて行き倒れるお嬢様と、偶然居合わせた下働きさんの会話が漏れ聞こえたそうで。

「…何やったはるの、葉里さん。女性が廊下で転がるものやないと思うんやけど…踏まれても知らんよ?」
「…こうお天気がいいと…」
「うん?」
「屋根を壊して、部屋ごと干したくなるわよね…」
「ならんよ」
「そう?」
「そう」
「つまらないわ」
「つまるつまらないの問題やないでしょう。うるは部屋連れてく? 暑いやろ」
「あなたの格好のほうがよほど暑苦しいけど。何そのマフィアみたいな黒スーツ。お葬式? 最近見なかったけど何してるのよ。学校はちゃんと行ってるの」
「センセのお手伝い。それなりには行っとるよ。卒業するいう約束やしね」
「そうよ。真っ当な人生送ってもらわないと拾った甲斐がないじゃない。破ったら承知しないからね」
「まあ、僕人やないけどね、厳密には。蜘蛛生言うんかなぁ」
「それ冗談なの? 面白くないわ」
「冗談のセンスはまだ磨いとる途中なんよ」
「人間らしくなられて結構なことね。お父様は生きてらっしゃるのかしら、三ヶ月くらい顔見てないけど」
「生きたはるけど、人語を理解しとるかは怪しいかも知れんなぁ。こないだお茶入れて出したら、ありがとう言うて金魚の水槽に注いだはったわ」
「後ろ頭はたき倒せばそれなりに戻るわよ」
「そう、そしたら今度試してみよ」
「それがいいわね」
「…眠いん?」
「眠いわよ。当たり前でしょ。見なさいよこの茹だりそうな陽だまりと抱っこちゃん」
「幸せそうやねぇ」
「大いにね」
「風邪ひいとった聞いたけど、良うなったん」
「この箱ティッシュと可哀想なゴミ箱が見えないの」
「うるにうつさん?」
「自分にうつして治れってめそめそ離れないから暖かいとこで転がってたんじゃない」
「そのそれいけズッコケ三…」
「読み聞かせていただいてたの。いいところで止まっちゃって。起きたら続きを要求しなきゃ」
「…幸せそうやねぇ」
「大いにね!」


結局そのまま寝入ってしまったお嬢様が踏まれては困るけど、
勝手に抱き上げて部屋に運ぼうものならボコボコにされかねない下働きさんは困った挙句
廊下に面した部屋で正座して主人が起きるまで番をしていたそうです。
(かけられていた毛布は見かねたお手伝いさんが持ってきてくれたものだったとか)
[EDIT] [TOP]



Profil

葉里

日前・葉里(b31570)
仁奈森キャンパス 高校1年6組
→綿津羽キャンパス 高校2年2組

真土蜘蛛の巫女×ケルベロスに向けJC中
使役の名前は『糸唯』さん

りいか

一花・りいか(b44619)
一縷樹キャンパス 高校2年5組
→鷹崎キャンパス 高校3年1組

真魔剣士×フリッカーハート

【メッセ】
solista☆hotmail.co.jp
(☆を@に)

銀誓館関係の知り合いのみ
ご自由にどうぞ。
ただし呼ばないとまず上がってきません。
そしてPC口調です。













Copyright

当ページ内で使用されているイラスト作品は、株式会社トミーウォーカーの運営する 『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
イラストの使用権は作品を発注したプレイヤーに、著作権は作成者であるイラストマスターに、全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。



Counter

 



Copyright © Leaf Box All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。